Sorry!! This site is JAPANESE only.このページの最終更新
 2004年9月21日






Yu−saku RED HP
 since 2002.2.12
萩・石見→羽田(伊丹経由)
〜後半〜
2004.9.16


ターミナル移動中

せかせかせかと、東京行きの便に乗り換えます。

今日は、12番スポットについて、9番スポットに向かわな

いといけません。日によって違う場合があります。

この階段は上がらず、左側を直進しましょう。
上の写真の左隣

こんな景色をみながら、直進してください。
搭乗待合室

ここからは、大阪から東京に行く人と合流です。さすがに

サラリーマンが多い。にぎわっています。ジャンボ機は、

一気に500人以上を運ぶので、ロビーも賑わいます。
嫌な予感・・・

搭乗を待っているサラリーマン達の声がした。「マジかよ」

僕も悟っていた。いやいや、しょうがないと思いつつ・・・。
出たー!!

「ポケモンジェット」!!これに乗るのですね・・・。

サラリーマンさんたちもさぞかし恥ずかしいだろうに・・・

ちなみにマニアっくな話をすると、これは1999年バージ

ョンの塗装です。しかも国内線専用。今年は黄色を基調

としたのが加わったはず。増便するポケモンジェット・・・
駅弁ならぬ空弁

今、大きな空港で人気なのが、駅弁ならぬ空弁。

けっこう売れてます。今、人気急上昇中。その内、地方空

港にも出来るだろうと期待。しかし、お腹いっぱいになると

大変です。腹八部くらいの量にしておきましょう!なぜか

「上空は気圧が低いので、お腹が張ります」満腹にすると

吐き出しますよ・・・。お気をつけて。
乗ってしまうのね・・・

ボーディングブリッジを渡って行きます。

あ〜もろにピカチュウが見えます。
乗っちゃった!

座っちゃった。後ろの座席のサラリーマンもブツブツ。

大阪・東京便だけあって、相変わらずスゴイ人です。

ドル箱路線ってやつですね〜
動いちゃった・・・

さ〜出発です。上の写真と羽を見比べてください。

後ろの部分が出てきて、風を受ける面積を増やし、尚か

つ、後ろの部分を下げる事によって、空気の流れを作っ

て浮くのです。賢い。
飛んだ〜

轟音と共に、ドンドン上昇していきます。

さすが、ジャンボ機。風にそんなに左右されることなく自

然な感じで上昇していきます。例えるならば、新幹線の乗

り心地。
左に旋回

写真真ん中少し上に見えるのが、伊丹空港。あそこから

飛び立ちました。上昇してさらに左に旋回します。ちなみ

進行方向は写真右手になります。
上昇旋回中

写真中央少し上が伊丹空港。上の写真と見比べてくださ

い。縮尺は同じです。あと、羽に当たっている日の当たり

ぐあいとかも注目です。伊丹空港基準 西
グングン上昇

まだ左旋回しながら上昇します。

伊丹空港基準 南西 (尼崎市付近上空)
緩やかな上昇へ

羽をご覧ください。後ろの部分が格納されました。これか

らは、急な上昇はせずに、ゆっくり上昇していきます。

左旋回もようやく終了。伊丹空港の滑走路がよく見えま

す。写真に見える滑走路の下端から勢いをつけて、上端

までの間で離陸しました。そして円を書くように上昇して

きました。 伊丹空港基準 南東 豊中・吹田市付近
ジャンボの機内

横3×4×3のシート配置。デカイですね。

しかし、このアングルから写真を撮ると、テロが起きた時

の機内を思い浮かべるのは、私だけでしょうか?
日本列島雲に覆われて・・・

いわし雲?爽快な眺めです。ここで説明。

翼の下に付いている爪のようなもの、これは、さっき格納

された部分等を動かすものであって、エンジンではありま

せん。
お!実家!!

たまたま、愛知県三河地方が見えました。今日は諦めて

いたのに。いや〜。実家の上空は空の大動脈であったこ

とを改めて実感。
ドリンクのサービス

あ〜出ちゃった。ポケモンのカップ。

この機体に乗った方のみ使用できる!というとレアだけど

ここまでこだわるとは。天晴れです。完敗です。
雲海

いや〜曇った日は雲海が広がります。

山に登って見る雲海は珍しくても、空を飛べば、そんなに

珍しくない。でも良い眺めだ〜。太平洋側から、日本海側

すべて雲にかかっています。
伊豆半島上空へ

リアス式っぽくなってます。空から見ると山も小さい!!
富士山!!

空の東海道、南ルートといえば、そう左側に見える富士山

昔は、夏でもテッペンは白かったそうな〜。黒富士は、ち

ょっと異様です。ズームして撮りました。
雲海と富士山

富士山は388●mだったはず。雲より高い。こんな景色

も飛行機ならでは。やっぱ富士山は良いね〜
大島上空

西の方向から来た羽田に向かう便はたいてい大島上空を

通過します。今日はジャンボジェット機。ふだんは小型機

が多いので低空で通過していくのですが、速度が速いジ

ャンボ機はまだまだ高い場所を飛んでいきます。
房総半島先端

館山市上空です。良い景色です。
左旋回で太陽が・・・

太陽がまぶしい。でも、それがまた幻想的な光景を見せ

てくれます。陸地は館山市市街地が見えます。徐々に

高度が下がってきました。
快適な旅を・・・

ホント、ジャンボってあんまり揺れませんね〜。左旋回を

して、翼に太陽の光が反射します。
右側の座席なら・・・

今回は左側の窓側席になったので、見られませんでした

が、右側の窓側だったら、東京ディズニーランドがこの日

は見えていました。この日はですよ!今日は、風向きの

関係で羽田空港は北側からの着陸になるので、こんなル

ートを通りました。
ゴミの島上空

右窓側席だったら、今頃お台場が見えていたはず。こちら

は、東京都近郊のゴミが集まる埋立地。

羽田空港への北側からの着陸は、昔の香港の啓徳空港

と同じくらい難しいと言われています。頑張れ機長!
左旋回

翼の後方部からまた出てきました。風をいっぱい受けなが

ら、速度を落とし、高度を落としていきます。写真中央右

側に広がるのが羽田空港。この時まだ滑走路に対して

90度もの違いがあります。滑走路までわずか3km。
上の写真と比較

上の写真の手前の島と、この写真の島は同じもの。

角度がドンドン変わっていきます。
微調整

機長の巧みな操縦桿さばきによって飛行機が着陸してい

きます。
航空ファンのメッカ

航空ファンが離陸・着陸の瞬間を撮ろうと集まるのが、下

の島。東京都大田区の城南島。ここを越えると、もうすぐ

羽田空港です。このジャンボ機はポケモン塗装なので、

誰かがきっと撮影しているはず。
着陸〜

翼から新たに風を受けるブレーキが搭乗。めいいっぱい

風を受けます。それと同時に、エンジンの後方部がスラ

イドして開かれ、逆噴射を掛けます。揺れる事無く無事着

陸です。
ターミナルへ向かって

羽田空港は世界的に見ても10位以内に入る利用者を誇

る巨大な空港。停泊している飛行機の数も半端じゃあり

ません。
譲り合いの精神・・・

なんて。誘導路があると言っても、毎日何百便とくる空港

にとっては飛行機の渋滞は日常茶飯事。そこで、管制塔

にいる管制官が各飛行機を誘導します。その一連の流

れは、この下で紹介しましょう。
管制官講座
飛行機を操作するのは、パイロット。でも、道順を教える
のは、以下の管制官の業務になります。

<離陸までの管制塔の部署ごとの流れ>
1、出発確認をするのは、管制官のデリバリーが担当
2、滑走路までの誘導路を指示するのは、グランド
3、滑走路上の指示&離陸許可をだすのは、タワー
4、空港が管理する空域で離陸後も指示をするのが、
                     ディパーチャー
5、そして空港管理空域を出たら、また管理が変わります

<着陸までの管制塔の部署ごとの流れ>
1、着陸したい飛行機が着たら空港までどうきたら良い
  かを指示するのが、アプローチ
2、どの滑走路に進入するか、どの方向から着陸するか
  が決まったら、滑走路を管理するタワーに切り替え
3、着陸の許可を出すのもタワーの仕事。
4、そして、誘導路の指示、ターミナルのどこに停泊すれ
  ば良いかを決めるのがグランドの仕事。停泊場所は
  だいたい、前から決まってはいるが、変更は良くある

以上、簡単に管制官の担当部署紹介でした。
ヘッドカバー・・・?

これに1時間頭を当てていたのですね。シートのカバーで

す。ぜーんぶポケモンジェットはこのカバー。ほしけりゃ、

もらえます。
たぶん最後・・・

ANAで、このボーディングブリッジを渡るのは、たぶん

最後。なぜなら、羽田空港は2004年12月1日に第2タ

ーミナルが完成するからです。そして、第2ターミナルに

はANAが集約されてこの今のターミナルはJALグループ

が使うことになります。だから、最後だと思う。
1時間お疲れ〜

東京ー大阪を1時間。お疲れ様でした。
荷物を受け取る

到着手荷物受付所。これでも4分の1しか見えてません。

いろんな人が居るんだな〜と実感。夕方は、大きな駅の

帰宅ラッシュに引けをとらないくらい混みます。
到着を知らせる掲示板

ここに乗っているだけで、30分分でしょうか?次から次に

飛行機がやってきます。さすが首都。しかも、ここはANA

のみの到着ゲートなので、30分で約この2倍か・・・
第2ターミナル完成間近

2004年12月1日第2ターミナル完成です。しかも私の

誕生日!!あんまり関係ないけど・・・。

こちらは第1ターミナルの屋上です。高速道路等を挟ん

で、反対側に建設されています。
昼過ぎに出て・・・

少し、Yahoo Cafeでネットしてただけで、夕暮れになっ

てしまいました。キレイです。でも、日が暮れるのが早い

さすが東に来ただけのことはある。
以上、終了です。
前半に戻る● ●AIRLINE PAGE TOPへ


2004 Yu−saku RED HP
sitemap | FAQ | contact | introduction | rink Produce by RED