Sorry!! This site is JAPANESE only.このページの最終更新
 2004年9月14日






Yu−saku RED HP
 since 2002.2.12
大阪国際(伊丹)空港レポート@
2004.6.1・6.5

国内線度100%の国際空港!
アミューズメント性を先進導入した空港



■大阪国際(伊丹)空港データ■
空港面積 310万9.936平方メートル
滑走路 滑走路は2本
【A滑走路】1800m×45m
【B滑走路】3000m×60m
エプロン 大型ジェット22バース
中型・小型ジェット6バース
その他停留用22バース

■展望デッキ『LA SORA』■
 入場:21:30まで
 OPEN時間: 7時〜22時
 無料

大阪国際空港公式HP http://www.osaka-airport.co.jp/
ターミナル内地図・フライトスケジュール等はこちらでお確かめください。

まもなく伊丹空港到着です

島根県出雲ー伊丹間を飛んでまいりました。まもなく着

陸です。伊丹空港は、伊丹市・豊中市・池田市にまたが

っており、大阪の中心街からもとても近い立地に位置し

ています。しかしその分、騒音問題も多く、規制が多く、

また騒音対策費として巨額の費用がかかる空港です。
A滑走路に着陸

伊丹空港は2本の滑走路があります。1994年に関西

国際空港が開港するまで大阪を代表する空港であった

ため、国際線の発着もある国際空港でありました。

今は国内線専用空港として大阪を代表する空港となっ

て今でも国内線需要の増加で、多くの需要がある空港

であります。
右側のは、プロペラです・・・

右端に映っている黒い物体はプロペラです。奥に見える

建物は管制塔であります。

ちなみに、基本的にA滑走路は短いため、小型機の発着

に使用されます。
エプロンに進入

エプロンとは、羽を休める所を考えていただければOK

です。プロペラ機はボーディングブリッジをつなげられな

いため、ターミナルの端に追いやられます・・・。

ちなみに伊丹空港のターミナルビルは北がJALグループ

南にANAグループが到着するように区分けされています。
ターミナル内にて・・・

プロペラ機(DHC−Q400)を降りて、一先ず荷物を受取り

に。昔はきったない空港でした。今はリニューアルされて、

10年前とは大違いな感じになっています。

現地点は、ターミナルの北の端
小窓から外を・・・

到着ロビーに向かう途中、小窓があったので覗いてみた。

手前はタクシー&車の待避所。奥にモノレールの駅も見

えます。ん〜やっぱり、プロペラ機は北の端に追いやられ

てるのを実感・・・。
ピア(フィンガー)方式

空港のターミナルにはさまざまな形があります。中でも、

この伊丹は、四角い箱型から4本の手が伸びたような形

のピア(フィンガー)方式の空港ターミナルとなっている。

伊丹空港は分かりづらいというが、これはフィンガーで分

けられているからだろう。
手荷物受取所

まぁリニューアルしたといっても、やっぱり古めかしい場所

はありました。大阪万博に合わせて立てられたターミナル

なので、歴史を感じます。荷物を受け取るレーンはANA

側は5つ。JAL側は実は同じ数だけありません。
到着ロビー

ここまで来ると大阪のムードを感じます。大阪弁が迫って

きます。さっそく声をかけられた私でした・・・中心街じゃあ

るまいし・・・。
一度外へ出て、2階へ

JAL到着ロビーからだと一回外へ出て南側の建物に移動

した形になります。でも、ビル自体はくっついてます。

言い換えるならば、出発・到着客の完全分離ってやつで

すかね。ここもキレイに変身。
1階に下りて、チケットロビー

1999年に完全リニューアルされてキレイになりました。

今、見ている所はJALグループのチケットロビー。ANAグ

ループは、これまたまた1回外へ出て南側に移動した所

に同じ規模くらいなのがあります。チケットを購入&交換

&大きな荷物を預けたら、手前のエスカレーターで上へ
再び2階へ・・・出発ロビー

右側に行くと、金属探知機のゲートがあって、飛行機に搭

乗していきます。この時はたまたま閑散期。

奥には、お土産屋が軒を連ねます。
出発便を知らせる掲示板

上の写真中央右の掲示板です。色合いがまったく違いま

すが、それです。逆光だったため、やけに明るくなりまし

た。JALの出発ロビーなのでJAL便しか掲載されてません

しかし、JALグループと言えども便が多いですな〜。
テロの影響か!?

先ほど説明したフィンガー。フィンガーの屋上は昔、展望

デッキでした。しかし!封鎖されている・・・。大阪万博開

催時から1977年まで公開され、その後は安全面で閉鎖

されたのだが、1999年のリニューアルで22年ぶりに開

かれたはずなのに・・・テロの影響だろうか。
落ち込む事はない、ここは!

上の事で落ち込む事はありません。なぜなら、ここ伊丹空

港は関西国際空港の開港で一時大衰退したおかげで、

大阪国際空港地域活性化調査委員会というモノができて

利用拡大の調査が行われたのです。そして、97年報告

書が完成。それに基づき、ターミナルリニューアルが行わ

れるのに合わせて、地域活性化に資する施設の整備と、

集客力のある施設の整備が決められたのです。
地域の方に理解される空港へ

上記の通り、整備が進められ、合わせて地域の人に空港

を理解してもらおうという取り組みがたくさん行われました

だから。こんな解説書みたいな看板が他の空港より多く見

られます。
空港全体図

住宅地に囲まれているのが良く分かります。騒音・航空

需要の増加で、関西国際空港が出来ましたが、都心に近

いという事で、需要が耐えない空港です。神戸空港が開

港して、関西は3つの空港になります。3つ空港があるこ

とは問題ではないのですが、お金が掛かりすぎです。
伊丹空港の歴史

1936年に着工されて、1940年開港。

今の空港の形になるまでには、長い時間がかかりました

ね〜。歴史を感じます。これも、上記の写真たちと一緒に

展示されています。

■場所は、展望デッキに向かう途中の階段の途中です
ここは展望デッキ!

ここは、階段をちょうど上がってきた所。後ろは階段。手

前は店舗。ここを出て左側に飛行機がとまっているはず

なのです!
キレイな展望デッキ!

展望デッキで飛行機を見送るのは、マニアかオタクか、飛

行機を見送る人だけだった。しかも大抵の空港では、展

望デッキに上がるのに50円〜200円程度のお金が取ら

れるモノ。しかし!ここは、先にも説明したように地域に開

かれる空港。料金を取るどころか、デパートの屋上的位

置感覚です。
いろんな人の事を考えて・・・

ここも展望デッキ。見てください、デッキに段差があります

これは、段差の上に椅子がおいてあるのですが、それに

座っても飛行機がフェンスが邪魔にならずに見えるという

配慮。気もたくさん植えてあって、今までの展望デッキの

概念を打ち破っています。
展望デッキから・・・

展望デッキからの眺めです。市街地の中に広大な土地。

ちょっと贅沢。飛行機ウォッチングに最適です。
公開されてたはずの・・・

22年のベールを脱いで復活したフィンガー上の展望デ

ッキ。あの先まで行けたら、飛行機のパイロットが間近で

見える感じだったのに・・・。残念。ふたたび入れる事は、

記念日でもなければないだろう。
第3フィンガー

左側が第3フィンガーです。今は、JALグループが使用し

ています。ちなみに南から第1・2フィンガーがANA。第3

第4フィンガーがJALグループが使用しています。

内装はリニューアルしても外見は1970年代を感じます
ホントはデカク見える!

写真を小さくしているので、飛行機が小さいですが、実

際はデカイく見えますよ〜。A滑走路までは、400m・

B滑走路までは700mくらいしか離れていません。

意外とあるか・・・。でも、大型機も発着するので見ごたえ

あり。空港敷地反対側へ行ったら間近で見えるはず。
屋上緑地化計画

展望デッキに緑があふれる伊丹空港。その他、展望デ

ッキから見える使用していないビルの屋上はさらに庭園

化が図られています。入れるのかな?詳細不明。確か

入れなかったような・・・。展望デッキの方が高い場所に

あるので、キレイな庭園を見下ろしましょう。
屋上緑地化推奨モデル

記念プレート?単なる紹介プレート?定かではない。

地球温暖化をけっこう進めているのも飛行機のせいだっ

たりもする。これからの空港にはこういうのは必須かもし

れませんね。
旧管制塔

1969年から使われていた管制塔です。しかし近年、新

たな耐震基準をクリアーする事ができずにお役御免とな

りました。ちなみに2001年3月まで使用されていました。

高さは36mと主要空港にしては、低めの管制塔でした。
角度を変えて・・・

庭園と第3フィンガーです。多くの空港で働く車も見えま

すね〜。今見えるのはほとんど、給油車かな?
あくまで展望デッキです。

な〜んて、もうデパートですね。案内図です。おしゃれな

SHOPも入ってたりして、先進的です。

最近はデートコースとして昼夜構わず、カップルが来るそ

うです。それにしても、平日なのに家族連れが多い〜
Cafeでいっぷく・・・

10時前だったので、まだ開いてませんでした・・・。

でも、こんな感じでOPEN時はきちんと電気もついて明

るい雰囲気なんでしょう。あくまでも、展望デッキです。

OPENは11時からだそうです。
展望デッキです

けして、どこぞの公園ではありません。展望デッキです。

夜も22時まで(入場は21:30まで)OPENしています

ので、夜景も楽しめます。飛行機・滑走路が幻想的に輝

き、それに加え市街地の夜景もあり、良い景色のことで

しょう。
身近に飛行機を・・・

真ん中に、ジャンボジェット機(B747−400)が見えます

もうすぐ、伊丹空港は騒音問題等の理由により、ジャンボ

ジェット機の運航が禁止されます。その前に、ジャンボジ

ェットを見ておきましょう!
飛行機を見下ろそう!

駐機中のB767型機。どこに飛んで行くのでしょう?

ここは展望デッキがターミナルビルの北から南まで繋が

っているので、いろんな飛行機をたくさん見ることが出来

ます。プロペラからジャンボまで・・・。そういう意味では、

発着枠では劣るが、羽田空港より面白みがあります。
離陸!

ちょうど、写真のど真ん中。飛行機が飛び立ちました。

写真が小さくてごめんなさい。(望遠のカメラほしい)

B滑走路から離陸です!轟音と共に飛び去っていきます
ANAチケットロビー

JAL側とそうデザインは変わりません。変わっているのは

ANAグループは、出発ロビーが3階のため、エスカレー

ターが3階へ向かいます。それに対し、JALグループは、

出発ロビーが2階のため、エスカレーターは2階へ向か

います。
空港はデパートへ

空港ターミナルビルは、まさにデパート。集客力がある

空港は違いますな。1999年のリニューアルで店舗も増

え、デパートにあるものはすべてあります。しかも値段も

お得というのが増えてます。みなさん、買い物は空港で!

あ、食品売り場は・・・ない。
空港には、空のおもちゃ屋

プラモデル屋さんとかに行くと、飛行機の関連グッズは、

あまりありませんが、やっぱり大きな空港には専門店が

入っています。伊丹空港には、2Fにイセヤさんがあります

子供から、大人まで選べる模型・グッズなど山のように

積んであります。

実はまだ半分だったりする・・・

レポートNo'2へ(工事中)
お楽しみに・・・



2004 Yu−saku RED HP
sitemap | FAQ | contact | introduction | rink Produce by RED