Sorry!! This site is JAPANESE only.このページの最終更新
 2005年2月7日






Yu−saku RED HP
 since 2002.2.12
2005年2月5日開港まで、あと12日と迫った中部国際空港・・・
2月5・6日の2日間で3万もの人が集まる見学会が開催された。

★11月30日に締め切られた中部国際空港のこの見学会。なんと12万人もの人が応募したそうです。
今回は、地方空港を研究している大学生&教授のチームで乗り込みました!写真は資料に使うから
と、いう気持ちで行ったがために、やたら写真を撮っていたことに気がつきました。根気強く見てみて
ください。宜しくお願いします。

↓【このページで動いたコース】↓

中部国際空港ターミナル図

2005年は愛知の年!?

2005年。愛知県や東海地方にとっては大きな
年なのです。3月から愛知県では、名古屋市の
東側で『愛・地球博』という万博が開催されるの
です。まぁこの裏にはいろいろあるのですが・・・
 そんなこんなで、中部国際空港などインフラ
整備が急ピッチで進んでいます。
 というわけで、早速ですが中部国際空港の大
見学会に行ってきたいと思います!

今回は、地方空港を共に研究しているチーム
がわざわざ東京などから終結。道中マニアック
な話なども出てなかなか面白かったです。

【←名古屋のシンボル?TOWERSです】
 名古屋1高く、名古屋駅の駅ビルとして機能
空港アクセス特急

わけあって違う駅からの乗車・・・
中部国際空港へは名古屋鉄道:名鉄が空港タ
ーミナル真横まで列車を運行しています。それ
もまたけっこう本数があって便利!!名古屋駅から
空港まで最速のこの特急だと、わずか28分。
世界標準か?と言われると、まだまだという感
もありますが、日本国内では優れた空港アクセ
ス手段な方だと思います。
快速特急:ミュースカイ

名鉄を良く使っていた私としては、アナウンスか
ら聞こえる「中部国際空港行き特急・・・」という
言葉はとてもヘンな感じがします。しかも快速
特急って・・・そんな感じでした。
あと最大の疑問はなぜ「ミュースカイ」なのか?
謎だらけな、ミステリー列車に乗って私は旅立
つのでした・・・。
まもなく空港・・・

名古屋ー空港間28分。28分すら長いと感じる
私ですが、この特急、なかなかやります。車内
前方には各車両に液晶がついていて、万博の
CMをやっていたりして見入っていたら、あっと
いう間の28分間・・・
前島・・・

中部国際空港へ渡る前にある埋立地・・・空港
建設費は浮いても、前島の開発には、あとどれ
くらいの投資を県はするのでしょうか??

今のところ、ホテルが1つ。あとは伊勢湾フェリ
ーが新しく就航します。あとは企業がほんの少
し。さ〜どうなる前島開発。

ちなみに、主に空港は民間運営。前島は県の
管轄という風になります。単純にではありますが
連絡橋・・・

中部国際空港の連絡橋は2本あります。と言っ
ても、道路が1つ。鉄道路線が1つの計2本な
んですが・・・。奥に見えるのが空港島です。

関空や瀬戸大橋のような橋の構造ではなく、経
済性をとって、橋を2本かけることになったそう
です。中部国際空港は海上にあるとはいうもの
の、そこまで海底までの深さがなく、2本作る方
が経済的だったそうです。
まもなく・・・

けっこう風が強いです。中部国際空港は先日行
われた。ハイジャック訓練の為の民間ジェット機
着陸が強風のために数時間遅れたという苦い
経験をしてしまいました。
ガタンゴトンッ・・・

まもなく到着・・・。しかし、電車がけっこう静かな
ことに気がついた。普通ならガタンゴトン・・・と
少しリズミカルなはずなのに・・・
 調べてみた所、1本のレールが1km以上あ
るロングレールを採用しているんだとか。グニ
ャりと曲がった連絡橋の線路をどう設置したの
でしょう。素晴らしい技術です。
中部国際空港駅

名鉄:中部国際空港(セントレア)駅に滑り込み
ます。空港計画があがってきたコロは、JRも乗
り入れるみたいな無謀な計画もありました。
 名鉄だけで良かったんじゃないかなと思いま
す。。
写真取り放題

今日は、「研究」という名目があって写真を撮り
やすい環境ではあった。が、それ以上に今日は
「大見学会」。列車に乗ってた家族連れなど、全
員がカメラ持参で、バシバシ写真撮るので、変
質者扱いされない環境がありました。
2面2線

中部国際空港駅は、この先に線路はなく、例え
るならば、ヨーロッパの大きな駅のような配線に
なっています。終着駅なので、列車はほとんど
の場合、随時止まっている状態で、ホームで待
つ事もあまりないかもしれません・・・
 あ、でも、中部国際空港から愛知県の主要都
市にはほとんど列車が向かいますので、列車
に乗り間違えたら大変です。
日本初

ここもまだホームです。右側の扉を出たら、上
の写真のところに出ます。そう!扉を閉まる事
によって、暖房・冷房を有効的にかけることが
出来るのです。だから、寒い海上の空港駅でも
温かくして自分が乗る列車まで待つことが出来
ます。
 そして日本発!荷物を載せるカートがホーム
まで使える空港なのです。それが出来るのは、
この空港のコンセプトが「ユニバーサルデザイ
ン」を掲げている事。飛行機に乗るまでに階段
がなし!!
ホーム先端

列車は改札に近い方につめて止まるので、車
両が短いとけっこうもったいない感じに・・・。
将来に備えて

将来、航空需要が多いのを見越してはいるも
のの、無駄な経費をなくすために、駅計画時
から2面4線への改良が簡単に出来るようにな
っています。
ホームから列車を・・・

こんな感じになります。いつまでも記念撮影が
続いています。
改札口へ向かう

空港駅をおりてわずか130m行くと、そこはもう
チャックインカウンター。カートを押しながら、重
たい荷物も軽々持っていけそうです。
改札口

意外とシンプル。ここを抜ければ、アクセスプラ
ザに出ます。
改札口からホームを

ここもまたシンプル。ゴチャゴチャしてなくて良
いちゃ良い。
アクセスプラザ

ターミナルに入る前に、アクセスプラザという場
所があります。1階には、空港に飛行機で到着
した人がバスや車・タクシーに乗る場所が設け
られています。(飛行機出発のお客が車やバス
・タクシーから降りる場所は、タームナルビル側
の1階になります)。
 2階には、中心にプラザがあって、そこを中心
に北が中部国際空港駅・南がホテル・西がター
ミナルビル・東がフェリー乗り場&ホテル&駐
車場となっています。
ターミナル側を見る

こんな感じ。ターミナル見学を終えた人たち&
名鉄の切符を買う人たちで賑わっています。
アクセスターミナル東側

奥の建物が「コンフォートホテル中部国際空港」
主にビジネスマン向けのホテルになる。無線L
AN設置。
 右手の通路は、ホテル&高速船のりば連絡
通路。手前は駐車所の料金所となってます。
高速船のりば

ここから発着するのは今のところ、三重県は津
市に接続する高速船のみ。津新港から最新鋭
の高速船で40分。1日14往復。本当は、いろ
いろな所から便がもっとくるはずではあったの
ですが、賢い選択だと思います。
 あと、空港島からではないですが、空港の前
島からは、三重県の鳥羽へ行く「伊勢湾フェリ
ー」が就航予定。知多半島の先っぽまで行って
いた便を廃止し、前島⇔鳥羽間に移行します。
2005年2月10日就航で17日(開港日)には、
鳥羽市内の港から鳥羽駅まで連絡バスも運行
を開始する。
立体駐車場

アクセスプラザ北側のP2駐車場。
立体駐車場

アクセスプラザ南側のP1駐車場。両方の駐車
場で4000台が止められる他、シーズンには
臨時で2000台対応の駐車場も出来る。

車では、名古屋から40分〜1時間で到着出来
ます。
経費削減策・・・

中部国際空港は、予算オーバーするどころか、
逆に予算をあまらせることに成功した超大型公
共事業でした。
 余計な部分でお金を使わないということで、大
きな空港ではよく見られる。立体な配置の道路
を作らないことにした。つまり、車・バス・タクシ
ーは駐車場とは連絡橋以外では、すべて地上
を走る事になる。余分な立体を排除しました。
中部国際空港
 セントレアホテル


アクセスプラザすぐ横のホテル。空港のチェック
インカウンターまで、わずか130m。バリアフリ
ーの空港は宿泊9450円〜
バス・タクシー・バス

のりばです。アクセスプラザ1階にあります。
空港から愛知県や近隣に行く人(帰る)人が使
います。1階に配置する事によって分かりやすく
なお、経費削減が実現しています。
アクセスプラザ南側

ホテル入り口や、バス・車・タクシーのりばへの
エスカレーターが配置されています。加えて、コ
インロッカー・トイレ・コンビニのサンクスがあり
ます。
アクセスプラザ北側

中部国際空港改札付近
特急列車案内板

初めて名古屋に来る場合、分かりにくいだろうと
思う。名鉄の路線って。詳しく止まる駅など書い
てありました。
アクセスプラザ

さ〜いよいよ見学会に

受付はアクセスプラザ。今日は1万6000人の
お客が来るという事で、警備も万全。見学する
だけでカバンチャックなど・・・物騒な世の中です
チャックを終えて中へ

まだアクセスプラザです。左側のブースは、総
合案内所。
さ〜いよいよです。

アクセスプラザからターミナル内へ向かいましょ
う!

さ〜いよいよターミナルへ!!
パート2はこちらから!!
OPEN!!
パート2(ターミナル内編)
↑クリック↑


2004 Yu−saku RED HP
sitemap | FAQ | contact | introduction | rink Produce by RED