Sorry!! This site is JAPANESE only.最終更新 2005年1月29日












Yu−saku RED HP
 since 2002.2.12
日記&エッセイ(トップページのコメント&写真を蓄積していってます)

2005年1月29日(土)

【中部国際空港】
南側から北側を眺望


【中部国際空港へのアクセスに】
名古屋鉄道・・・新空港特急


【愛知万博:愛・地球博】
都市計画学をかじっているので…
変わる地元:2005年の愛知県を紹介

                   ※けして万博反対派の主張ではありません。

【2005年2月17日開港・・・まもなく開港:中部国際空港(伊勢湾常滑市沖)】

 愛知県人は、もう10年以上前から『2005年』は特別なものだった。それは、地元

の未来!と言ったら、2005年がたくさんクローズアップされてきたからである。東

京・大阪に比べ、人口比率の割りに進んでいなかったインフラ整備を2005年を目

指して整備してきたという過程があるからだ。

 1988年お隣韓国のソウルで華やかにソウルオリンピックが開催された。しかし、

その裏で名古屋オリンピックの構想があった事を知る人は少ない。そう、名古屋は

ソウルに負けていたのである。五輪でインフラ整備を考えていた地元経済界に与え

た衝撃は大きかった。変わりに1989年には、名古屋で大々的に「デザイン博」を変

わりに開催したが、そこまで整備が進んだのは、ほとんどが名古屋市内に限られ、

地域には借金を残したイベントとなり経済的には印象を薄くしか残さないものに留ま

った。その後バブルははじけ、顕著な性格の名古屋人とは言えども地域経済は低

迷。その打開策の1つとして愛知県が打ち立てたのが、万博の開催だった。今度は

万博とは言っても、地方で多く開催されている博覧会ではなく、フランスはパリに本

部のある国際博覧会事務局(BIE)が認めた、日本では大阪万博以来の世界に認め

られた本格的な万博であった。時代は「環境を大切にしよう」という時代。技術進化

を披露するだけの万博は時代遅れということで、愛知県が発表したのが、「自然の

叡智(えいち)」。名古屋市近郊の瀬戸市や豊田市に広がる、都会には珍しい森林

が広大に茂る森で、都市型の環境をテーマにした万博をやろうというプランを出し

た。忘れてはならない、バブルは当時弾けていたのだ。『森を切り開いて、景観を損

なわないように山をイメージした大きなパビリオンを作って、その中を中心に企画を

やろう』というのだ。まったく今考えても、ど〜考えてもおかしい発想だった。当時、自

分は中学生か小学生。壮大な夢物語に心動かせれていたのは事実・・・反省です。

 まぁしかし、ココまでは良いとしよう。開発には多少なりとも犠牲をはらうものだ。

が、戯けな愛知県は違った。都心からわずかあの距離にある豊かな森で環境をテ

ーマにした万博をやろう!という意気込みの跡に計画されたのは、なんと呆れた事

に『住宅地建設』。・・・モノが言えなくなりました。。私がその背景を知ったのは、高

校時代。愛知県が教育費への補助金をカットするという事で友人が学校をやめてい

くという自体が起きていた頃でした。まさに平成不況のど真ん中。愛知県は福祉関

係の予算・教育への補助金を削りながら、万博開催を推し進めたのである。幸いな

ことに、愛知県が出した万博プランは国際万博事務局(BIE)が「何だこれは?」と

言って、プランの白紙再検討をさせた。当然である。あの案が通っていたら、今どき

愛知県は世間の笑いものだっただろう。

 そして、愛知県は最初のプランにあった森を少しだけ活用する形で、メイン会場を

近くの大きな公園に移し変えた。その大きな公園は愛知県青少年公園。愛知県・・・

特に名古屋近隣の人にとっては憩いの公園だった。それを万博の為に3年にわたり

封鎖。けっこう強引な万博だ。

 それもこれも、主には愛知県・・・東海地方のインフラ整備の為。イタリア以上の工

業収益がある東海地方の経済には、東京・大阪並みのインフラを整備する必要が

あったのだ。それが、どんなに不景気だとしても開催したかった万博の裏の本性な

のである。それはけして悪いことではない。東京一極集中でやってきた国にも責任も

あるし、各所さまざま責任があったのだ。そんなこんなで『場』が提供された、今回

の愛知万博。以上のような経緯で、日本野鳥の会など多くの日本を代表する環境

団体が不参加をするという環境万博だが、万博実行委員会の人は頑張っている!

サイトを見るたびに「良い万博にしたいんだ〜!!」という気持ちがヒシヒシと伝わっ

てくる。環境に合わせて、最新技術の多くも披露されるし、本物のマンモスも冷凍保

存のまま世界初公開される(賛否両論ありますが・・・)。建設現場も、見た目は大規

模開発とまったく変わらないが、環境にあれでも配慮しているという話だ。私の地元

開催という事で、イベントを楽しみに万博には行きたいと思います。

 あれ?話がけっこうズレてました??まぁそんな事で、万博が決まった年から、愛

知県・・・東海地方は2005年を目標にインフラの整備を本格化させたのである。そ

して、その一連のインフラ整備の中で1番の注目が本格的な24時間運用の国際空

港『中部国際空港』の建設である。知らない方もかなり居ますが、名古屋には名古

屋市の北側の小牧市というところに、名古屋空港という空港が昔からあるんです。

位置的に東京・大阪便が新幹線があるために必要ないので、全国的に知名度は低

いですが・・・。それでも東海地方唯一の空港という事で、ヨーロッパ・アメリカ・アフリ

カ等へも定期便を飛ばす成田・関空に次ぐ国際線数を誇り、国内線でも基幹的な役

割を多少なりとも果たしていた。そんな名古屋空港には決定的な欠点があったので

す。それは、@ヨーロッパ・アメリカ等に定期便を飛ばすにはあまりにも滑走路が短

いという事。A名古屋空港は滑走路が1本だけなのに対し、自衛隊の基地や三菱

重工の戦闘機・小型機組み立て工場が隣接しているために、発着枠に余裕がない

という事。時代に応じて滑走路・施設共に増幅をしてきましたが、高度経済成長に

は、さすがに追いつかず地域経済界からは新たな空港建設が叫ばれていました。

新空港が建設されず、多くの需要がある東海地方の自動車業界を始めとした航空

輸送は、わざわざ成田・関空にほとんどが流されてしまった。そしてあと数日後の2

月17日東海地方の将来がかかった新空港が開港する。開港を前に、世界中から

新規のプロジェクトが舞い込み、今の名古屋の経済力にさらに勢いつけている。・・・

また話がズレてます?・・・まぁ空港行政を語らせたら、1晩でも2晩でも語りますよ

〜。そんなこんなで、開港に先立ちアクセス鉄道も本日開通し、いよいよ愛知は待

望の未来がやってまいります。まぁほとんど、今は自分の趣味でもある空港にしか

興味がないんですがね・・・(笑)。中部国際空港は、名古屋市からアクセス鉄道で

ある名古屋鉄道・・・訳して名鉄(めいてつ)の特急で30分以内。滑走路は3500m

が1本。24時間営業。国際便全便が名古屋空港から移行し、国内線も小型機以外

はすべて移行する。新たな東海地方への玄関口:中部国際空港を是非使ってみて

ください。すでにTOYOTAの車のコマーシャルにも使われている空港です。山陰か

らは米子・鳥取から便が出来ます。
万博マスコット『モリゾー・キッコロ』?何かが違う。

・・・ということで、総括として、今年2005年は愛知が面白いよ〜。
2005年1月22日(土)

【横から】


【山口宇部空港】
国際線ターミナル2階に展示室あり
空港事務所横

(18:45 東京:羽田行き:737−500  in 萩・石見空港)

本日は、研究を手伝っている大学の先生の指示で、山口県は宇部市にあります山

口宇部空港関連の事務所に資料を探しに出張しました。もちろん空港で、しばしW

ATCHINGしてきましたよ・・・。まぁいろいろある1ヶ月でしたけども、やっぱり飛行

機見てるとワクワクしますね。いろいろ昔から飛行機に思いを託してましたし・・・。

 まぁ山口宇部空港は仕事をしに行ったという事でした。帰り道。島根県益田市を

通過中に、ふと気づきました。1日に2便しか来ない萩・石見空港。そういえば、あと

40分あまりで出発の便があるな〜と。そこで帰り道をそれて、萩。石見空港に向か

いました。萩・石見空港・・・何度も着たことあります。しかし!暗闇の萩・石見空港

に来たのは、営業時間外にしか来た事がなく、いつも真っ暗でした。1年前くらい?

から、発着時間が変更したので、実は、暗闇で空港の営業時間内に来たのは初め

てな事に気がつきました。そして急いで送迎デッキに駆け上がって滑走路見てみま

した。飛行機が停泊する所をエプロンというのですが、そこにしか電気が着いてい

ません。あまり発着がない空港では滑走路の電気を1回1回消すんです。なので、

エプロンの向こうは真っ暗!!しかし、ムーディーでしたよ〜。思わずシャッターを

パチリ。カメラが古いので、まったくキレイに撮れていません。上の写真は、本当は

もっと幻想的だったんです(残念)。

 さ〜いよいよ出発です。そしたらです!!順番に・・・そして一斉に!!暗闇だった

正面の全景が、パーーーーーーッと明るくなったのです。赤・青・白・黄色、いろん

な点の光が滑走路を描きました。いや〜空港って素敵!!って、これは正直うっと

りでしたね。地方空港の魅力です!これは活かせるかもしれない・・・な〜んて考え

ちゃいました。最近、大型の空港なんかだと、デートスポットだ〜!とか言って、少

々盛り上がってますが、萩・石見は萩・石見で光が着いたり消えたりというオマケ付

き。まぁ今は毎日1回しか見られませんけど・・・。しかも時間的に冬だから可能なん

ですが・・・。しかし、みんなに1回は見ていただきたいですね。まぁできれば、空港を

利用していただいて便の存続にご協力を願いたいとこですが・・・・。それより何より、

滑走路に光が着くまでは、ホント、ターミナル以外真っ暗!暗闇の中に滑走路が出

来上がる・・・いや〜ホント感動。是非、見てみてください。
2005年1月3日(月)

【トライアル浜田店】
見た目より広いです。
浜田に価格破壊をもたらしました。


【石見銀山】
〜龍源寺間歩〜


【学友会臨時総会】


【バイト中・・・】
というか奉仕中。

[2005年元旦:出雲大社石見分詞(島根県浜田市)]

あけましておめでとうございます。本年も、みなさま宜しくお願いいたします。そして

皆様が幸せな1年が送れるよう心よりおいのりしております。今年の正月は、昨年

同様、出雲大社の石見分詞で巫女さんの男バージョン?をつとめております。しか

し今年は寒い!大晦日から雪ですよ!大社のバイトは大晦日23時〜元旦16時ま

でやるんです。つまり深夜は、風がもろに当たるところで、破魔矢やらいろいろ売る

んです。いと寒し・・・。明日(1月4日)は、仕事始めの日。会社ぐるみでお参りにや

ってくるので、大社は大忙し・・・。早く寝なくては・・・。8時までに・・行かなくては…。

今は・・・4日の2時…やばい。って訳で、先月の簡単なまとめと、今年の意気込み

を書いて終わろうと思います。

 2004年12月…ホントいろいろありすぎてHP放置状態でした・・・。すいません。

精神的にも疲れてしまってですね。。はい。まぁ浜田市に九州地方で勢いをつけて

いるディスカウントスーパー『トライアル』が島根県浜田市にもOPENいたしまして、

バイトで入りました・・・日々、家電担当兼サービスカウンターをやっております。働く

のは、やっぱ楽しい!!辛いけど、ドンドン人がやめていってます・・・さらに辛い。

他には〜、講義で石見銀山に行きました〜。ん〜なかなか楽しかった。あ、レポート

書かねば・・・。あ〜そして、忘れてならない100万人のキャンドルナイトin 浜田も

ありましたね〜。当日は忙しすぎて、1枚も写真をとってないのです・・・(涙)。でも、

とてもキレイでしたよ!!詳細は、実行委員長:KuribonのHPをご覧ください。

 そしてそして、冬休み直前には、大学で島根県立大学・島根県立女子短期大学・

島根県立看護短期大学統合&法人化に関して、学生の意見をもっと尊重しろ〜み

たいな事で、学友会(生徒会みたいなもの)が、学友会臨時総会を開催しましたね

〜。今回は忙しすぎたので、関わってないのですが、出席はして今後の見解がどう

なるのかなど聞いていました。・・・ん〜もっと書きたいが、またいずれ…。

 そして、あっという間に時は経ち、クリスマスパーティーなどやって、あっという間に

新年でしたな〜。そんなわけで、彼女さんに撮ってもらった出雲大社で破魔矢を売

ってる私の写真を掲載してみました…。当HPは本人顔出してます!顔が見えるH

P作りを今年も目指してます!!そんなこんなで今年も始まりです!みなさん頑張

って今年もいきましょう!!


2004 Yu−saku RED HP
sitemap | FAQ | contact | introduction | rink Produce by RED