2006年2月 愛知県名古屋 産業技術記念館編
TOYOTAグループ発祥の地に出来た産業技術記念館です。
TOYOTA(TOYODA)の歴史は紡績に始まりました。
世界の織物機械に出会えます。これはかなり貴重です。説明も細かい。

繊維機械館はとにかく広い…
ロビーでは万博でも活躍したロボットが演奏会をしていました。
人工の肺と、人工の唇で見事な演奏を披露してくれました。
微妙な旋律を見事に吹いていて、思わず拍手!
観光客はみんな外人ばかり…もったいない日本人。
織物(自動織機)コーナーの次は、自動車館です。入口。
TOYOTAの最初の車、トヨタAA型乗用車はこうして試作されました。
このコーナーは試作場を再現したコーナー
昔は、一つひとつすべて人間の手で・・・
まだ試作所コーナー。素晴らしいボディーです。
1936年製です。トヨタAA型乗用車。
AA型の横から、自動車館を望む
車の土台の話だけで、こんなに展示品が…素晴らしい
自動車館の1F部分。
日本の車の大量生産の開始時を再現
現代の部品製造ライン。こんな大型機械をボタン1つで動かせるんです。
自動車組み立てラインの再現。火花が散るのでさすがに動きはしません
車の色付け作業の再現
組み立て工程の再現
プレス機械等…車はホントいろいろな技術の賜物です。
次のページはI-Unitの写真など楽しい写真があります。
PHOTO TOPへ        NEXT→