ドイツ旅行B【空港探訪】フランクフルト国際空港@
フランクフルト国際空港駅
出発ロビー。近距離電車で中央駅からやってきましたが、空港探訪という
事で、長距離列車駅の方から見ていきましょー
フランクフルト国際空港 (Google Earth画像より)
滑走路は3本だが、ヨーロッパの中枢空港として、いつも大混雑。
拡張案も出ているが難航中。ちなみにヨーロッパではロンドンのヒースロー
空港に続いて利用客が多い(2006年調査)
空港と市街地との関係。すごく近い。
空港のターミナルはこんな感じ。
今、左上あたりにある緑色の丸いものがある建物。これが長距離用列車の
駅舎。市街地に出るには、空港内地下にある近距離列車の方が便利。
と、いうわけで、
長距離列車ターミナルからのスタート!まずは長距離列車駅のホーム
見に行きましょうか。
2面4線のホーム。
何か止まっています。ここからドイツ内外の都市に列車アクセスも可能。
ICE−Tが居ました。どうやら回送のようです。
そうこうしてたら、ケルンより列車到着。ホームが一時お客さんで溢れ
かえりました。
長距離駅からターミナル1に向かう途中にある『エアポートフォーラム』
丸い怪しいソファー。
座ってみると、気持ちが良い。一本吊りのブランコです。床は空港の地図
空港の歴史が書いてあるが、ドイツ語読めない私には分からない。。
空港内の仕事もいろいろ紹介されています。
床の空港地図全景。
さ〜いよいよターミナルへと参りましょう!
右は空港ターミナル1。左はホテルなど。
駅とターミナル1は接続しているのですが、せっかくバスターミナルに
着たので、先に第2ターミナルへ行ってみましょー!
ターミナル連絡バス内
ターミナル1にはスターアライアンスなどが利用するが、第2ターミナルは
JALなどが就航します。
市街地に近いといっても自然豊かな研究都市みたいな感じです。
さ〜第2ターミナル
入り口には国際線手荷物規制の貼り紙があります。
EUでも2007年3月より適用されてます。
ターミナル2内出発ロビー
アジア人も多いけど、アフリカ系の方が多いですな〜。
逆を見てます。
そこそこ広い。
4階はほぼマックが占領している。
飲食店街が第2ターミナルには少ないように感じたが、マックが8〜9割の
方の腹を満たさせる・・・とでも言いたいくらいの大きさがあるマック。
見学者テラス
残念ながら、閉鎖中。そのかわり、ここからでも十分眺められます。。
では、航空機観賞とまいりましょ〜
アメリカ系デルタ航空のB767型機
コンドル航空
ルフトハンザ航空のエアライン。日本にもたまにチャーターでやってきます
こちらはルフトハンザ航空。
さすがハブ空港ですな。次々とルフトハンザ航空の機材がやってきます
B737型機
周りはこんな感じ。カメラ片手にバーガー食べる方ばかりでした・・・はは
スペインのClickair。バルセロナが拠点空港の航空会社です。
A300型機
B737型機
A320
バーガーを一口かじると、1機着陸してきます…。
混雑空港というのが分かります。
撮影チャンスは数秒。チャンスを逃すとこのとおり。
B737型機
スパンエアー (Spanair S.A.) は、
スペインマリョルカ島パルマ・デ・マリョルカに本拠地を置く航空会社。
スターアライアンスに加盟しているスパンエアー
着陸はキレイに撮れますが、出発はイマイチ。
キャセイパシフィック航空が離陸していきます。
A330型機
A340型機
A300型機
エアーカナダB767型機
ミドル・イースト航空(中東航空)
レバノンの航空会社で、ベイルートを拠点とする航空会社。
TAP ポルトガル航空
2005年2月に TAP Air Portugal から TAP Portugal へ社名変更。
ポルトガルのリスボンを拠点とする国営航空。
日本ではお目にかかれない航空会社ばかりでワクワクしちゃいますねぇ
こんな感じで飛行機が見えます。
あまり長いは昼間の時間にはオススメできないかもです。
食べたら出ましょー。
さ〜次はいよいよマニアックな空港の世界へ…なんて
●NEXT 
  ドイツ旅行C
  空港探訪フランクフルト国際空港Aへ!
●ドイツ旅行ページTOPへ
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP