いよいよフィンランドへの旅がはじまります・・・

2009年7月
FINNAIR AY74便 A340型機

成田国際空港→ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
11:00 → 15:20 時差6時間(サマータイム)
A340型機へ乗り込みました。モニターがエコノミーにも。ありがたい。
成田空港周辺のMAPが表示されています。
準備中。ベルトサインは付いていないので、写真撮影。
フライトインフォメーションが流れ続けています。
日本語表記もさほど違和感なく表示。
まだ動かない。フライトマップはこんな感じでも表示。
離陸してベルトサインが消えました。
関東平野を北進していきます。ドンドン上昇。
越後山脈を越えていきます。
分かりやすい表示です。
新潟県上空を経て、いよいよ日本海へ
日本海上空はあいにくの曇り空
本州を越えた辺りで、機内サービスが始まりました。まずはお菓子
おつまみはプレッツェル。塩味が良い。
ヨーロッパのデザインを感じますね。
プレッツェルっていろんな形があるんですね。
日本海も真中辺りになると、昼ごはんが出てきました。一応、ビーフを
チョイス。真中下部の米のように見える所は、マッシュポテト。
米のない生活の始まりはじまり〜。
奥様はチキンをチョイス。「フィッシュorチキン?」と言われてどうしようと
思っていたのに、どっちも肉でした。。
箸の使い方の説明
ユーラシア大陸上空に到達。
箸もセンスが良い。
映画を観たりなどサービスには定評があるだけの事はあります。
さすが。
ハバロフスク上空です。
アメニティー。痛恨のミスでしょうが、このハブラシ使われたあとでした…
あとで気が付いた。。変えてもらえるとは思いますが。
シベリア上空って感じです。
北極圏特有の湖が見えてきました。
こんな航路です。
個人モニターでも、前方・下方カメラ映像が見られます。
北極海に繋がるカラ海が見えてきました。
ウラル山脈を越えれば、いよいよヨーロッパ。
北極圏上空です。
個人モニターのサービス内容も充実。テレビに関しては、NHKも選べる
のに、一切映らず。映画も少ないけど、最新のものが入ってました。
かもめ食堂を観ようとしたけど、なかった…。
日本時間では遅い夕食。フィンランド時間では遅い昼食。
どう捉えるかこの量。
まもなくフィンランド
まだロシア。
空は良いねぇ
ロシア・フィンランドの国境を越えます。
フィンランドはヘルシンキ、ヴァンター国際空港に到着しました。
ボーディングブリッジを渡り、ターミナルへ。
まずは乗継ゲートへと移動します。
途中、こんな景色を見つつ…。
案内板もセンスが良くみえます。
ブレましたが、こんな所を移動します。セキュリティチェックを受けて、
その後、シェンゲン協定加盟国への入国審査を受けます。
審査が終われば、あとは出発ゲート内へまた戻り、乗り継ぎ便へ
免税店街を通り抜けます。行きなので買いませんが、帰りの為に下見
このチョコはオススメ。白樺をイメージしたチョコ。甘すぎずGood!
いくつ買って冷蔵庫に入れておきたいフィンランド土産です。
フィンランドといえばキシリトールガム。
ムーミンのお菓子詰め合わせのようです。8ユーロ。
美味しいかは知らないけれど、おいしいチョコメーカーFazerのチョコ
ちょっと機体名が分かりませんが、何か由来がある飛行機なのかな?
明るい綺麗なちょうど良い大きさの空港です。
免税店街を練り歩き。今は、アジア路線が到着ラッシュ時間につき
アジア人も多い。
ありました。フィンランドのブランドといえばマリメッコ。
ムーミンSHOP発見!
マスコットのマグネット。木に磁石が付いた簡単なものだが、4.5ユーロ
ムーミン子供アイテム達
スケルトンのムーミンチョコ貯金箱。6ユーロ
木製の人形達。意外と良い土産だと思いきや、12ユーロか。。
手のひらサイズだけど、こんなもんかな。1500円くらい。
ムーミンのBIGぬいぐるみ。赤ちゃんサイズってとこか。
1匹32ユーロ。帰りに衝動買いするにはちょうど良いかも。
こんな感じのムーミンショップでした。
ストラップなどもあってなかなか充実でした。

さ〜国内線に乗り継いで、北極圏へ向かうぞー!
●NEXT
  フィンランド旅行B
  ヴァンター空港→ロヴァニエミ空港編へ
●フィンランド旅行ページTOPへ
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP