このページでは、中国版新幹線和諧号の旅へ出発します!まずは上海駅へ。

最初の写真は、リニア『トランスラピッド』龍陽路駅
リニアと地下鉄乗り継ぎ駅である龍陽路駅で地下鉄に乗り継いで、上海駅へ向かいます。
この駅は地下鉄の駅にもX線検査機がありました。ちゃんと見てないから意味なさそうだけど。
さ〜ホームへ向かいます。 
地下鉄2号線龍陽路駅ホーム。
龍陽路駅から地下鉄2号線に乗り、人民広場駅で地下鉄1号線に乗り継ぎ上海駅に向かいます。
乗り降りのマナーの定着率はいかに。大都会だからかマナー違反者は少なかったです。
列車が来ました。意外にも上海の地下鉄の歴史は1995年に始まったばかり。
まだどの路線も新車ばかり。
車内。乗車マナーは、今は日本の方が酷いかも。
中には甘栗食べ散らかしてる親子も居たけど。それくらい。
 
上海駅に到着。
到着!上海駅!上海には主要駅が他にもあります。
上海南駅もありますし、2010年には上海虹橋駅という大きな駅が完成予定。
駅ビルと地下鉄駅は構内で繋がっていません。
なぜなら、上海駅構内には切符を持った人しか入場できないから。
上海駅前の様子。
 上海駅前の様子A。
 
切符を買った後、腹ごしらえ。中国の新幹線はなかなか切符が取れないとは聞いてましたが、
行きたかった蘇州行の切符は本日夕方まで売切。
なので・・・杭州へ行きます!思いつき。。
杭州に行くなら、上海南駅からにすれば良かった〜と思いつつ、昼ごはん。
窓の奥に見えるは上海駅。
店内はこんな感じ。
店前はこんな感じ。
駅前は工事中。いろいろむき出しです。
通路に露骨に土が盛ってあるってのは、お国柄か。
駅前広場。
上海駅出口。中国の大きな駅では、入口・出口を分けているそうだ。
こちらは自動発券機がある建物。私もここで杭州往復の切符を買いました。
上海→杭州1等席が75元。日本円で990円ほど。
名古屋→大阪くらいの距離があるんですが安い。安すぎ。
さ〜13:46発なので、そろそろ建物の中に入りましょう。
建物に入る為にまず最初の検札。
ゲート通過。こうやって規制しないと、12億人もいるとパニックになりますわな。
続いて、建物に入るとすぐX線検査(保安検査?)が待っています。
上海万博マスコットもお出迎え。
 
やっても意味があるのか?このセキュリティー検査という感じの検査です。
セルフサービスでお願いします。
ようやく入場。ケンタッキーがあった〜!けど、さっきバーガーキング食べたばっかりだった。
上海駅コンコース。まずは上に上がります。
エスカレーターを上がる前に、もう一度保安検査場をパチリ。
出発列車案内。今は13時過ぎ。夕方までたくさん出発列車があるようです。
エスカレータより、入口を望む。
まもなく2階コンコース。
賑わう2階。この階に列車ごとに待合室と呼ばれる部屋があり、そこに集合するそうな。
待合室を探しつつ、コンビニのような店でミネラルウォーターをお菓子を購入。
D5673杭州行13:46発の列車は〜、待合室3のようだ!
ここか!待合室!
再び待合室まで検札。
!!。ここが待合室か。。
 おぉぉ。中国。中国らしさを1番感じました。
 
 座る場所がないので、隅に居場所を確保。改札開始までここで待ちます。
 
 それにしてもスゴイ人の数。
 
 あらま〜。
 
 奥では別の列車の改札が始まるようです。館内放送が流れます。
 
掲示板の色が緑に変わると、改札開始。
 
待つこと15分。出発10分前に改札開始! 
 
 いや〜勢いよくゲートくぐり、ホームへ人が流れます。
 
 あら、工事中。万博に向け準備中かな。
 
 このホームで間違いはないようです。
 
 ドンドン降りてきます。
 
 大きな荷物を持った方も何人か居らっしゃいますねぇ。新幹線で買い出しか〜。お土産かな?
 ホームをしばらく歩くと、見えてきましたCRH1。中国版新幹線です。
 
 今回の乗車区間はこんな赤いライン。杭州市⇔上海市なら、上海南駅からが便利ですが、
上海駅からの乗車となります。乗車の模様は次のページで!

さ〜!次のページでは、いよいよ中国版新幹線で出発!!
 
●NEXT
  ソウル・上海 空港巡りの旅K
  上海→杭州駅 和諧号の旅A 編へ
●ソウル上海旅行ページTOPへ
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP