このページでは、中国版新幹線和諧号の旅を振り返ります。上海駅→杭州駅

世界の車窓から、今日は上海から杭州へ向かいます。なんて
今回のルートを確認。
乗車します。こちらが先頭車両。8両目なので、まだまだ先まで歩かされます。
乗車するのは、中国高速鉄道のCRH1型電車です。ドイツのボンバルディア(鉄道部門)社と
中国企業の提携製作車両との事。
今回は13:46上海駅発→15:35杭州駅着のCRH和諧号で旅します。
上海駅は改装中。上海万博まで半年。急ピッチで準備中のようです。
ホームをまだまだ進みます。
ホームの全体が工事中。
次に来る時にはきれいになっているかな?。
 
ちょっと淋しい光景ですが、勢いを感じますね。
8号車に到着。最後尾です。
定刻通り出発。中国らしい車両を横目にスピードを上げていきます。
車両内ディスプレイ。
 お、CRH2型が車両基地にて発見!
 
上海虹橋エリアを通過中。この付近では中国鉄道史上最大の駅になる上海虹橋駅を建設中。
どんな駅になるんでしょうねぇ。あらたな上海の窓口が数年後にはOPENします。
向こうのマンション群までの間に駅舎が出来る…のかな?
トイレタイム。なかなかきれいなおトイレでした。
CRH1型の車内の様子。
最後尾のスペース。4席向かい合わせのシート。その内の1席が私の席。周りは知らない方ばかりで
ちょっと肩身が狭かった
橋脚が各所にあり、高速新線の建設の様子がうかがえる
入口扉付近
上海駅を出て20分。だいぶ田舎になってきました。
同席だった皆様。こういう向かい合わせの駅の1人は淋しいですね。
横の哀惜の方とは多少トークしましたが、向かいの奥さま2名は一切無視され状態でした(淋。。
ここ一応、一等席なんですけどねぇ。
川を渡ります。。
最高時速は170kmで、ちょっと残念。
のどかな光景です。
 
こちらが切符。
中国の田舎町もなかなか良い景色です。
田舎町の中に、ポツポツと工場があります。
車内を再び撮影。
なんとなく撮影。
なんとなく。奥にスタジアムらしきものが。
車内にあった情報誌。合席で1冊ずつでした。向かいの奥さまの熟読が終わったので・・・
盗み見。なんて
海寧駅に入線。
上海→杭州の間に2駅停車するようです。。
沿線の景色
東海道新幹線が静岡茶なら、CRHはぜひサントリー烏龍茶で。
大阪⇔名古屋くらいの距離を1時間50分かけて到着。高速新線が出来たらもっと早く着くように
なるのでしょう。上海⇔杭州間はリニアも延長予定との事なので、より一層便利になりそうです。
上海南駅からだと、1時間25分の場所です。
ホームの端っこに停車したので、また駅出口まで歩きます。
 こちらが乗ってきたCRH1型。快適な旅でした。
 
 流れに乗って出口へ。
 
杭州駅は2階が出発、1階はホームで、地下1階が到着フロア。
 
 またあってもなくても良さそうなX線検査を通りすぎ、到着ロビーへ出ました。
 
 さ〜駅を出まして、表玄関へ出ました。ロータリーが左側にあります。中央付近のエスカレータを
上ると出発フロアにつながります。
 
さ〜杭州到着。
杭州滞在時間は1時間半のみ!
すでに10分ほど経過。せめて杭州の観光処『西湖』だけは見たい!でも右も左も分からない…
 
良い乗り物発見!!
続きは次のページで…!お楽しみに! 
 
●NEXT
  ソウル・上海 空港巡りの旅L
  1時間半だけの杭州観光 編へ
●ソウル上海旅行ページTOPへ
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP