このページでは上海虹橋国際空港を旅します。
なお、第2ターミナルOPEN前の2009年10月の様子ですので現在は様子が違います。



上海の虹橋国際空港を旅します
虹港大酒店の連絡通路を抜け、虹橋国際空港のターミナルへやってきました。
第1ターミナルは、A楼とB楼(Aターミナル、Bターミナル)がある。まずはA楼の方から。
2階出発ロビー。航空会社カウンター
A楼は主に中国国内線が使用していた(現在は第2ターミナルに移転)
北京-上海シャトル便(京滬空中快線)もA楼から出発・・・でした。
遠目に見るとこんな感じ。
国内線出発ロビー
入口付近から望む
SAMSUNGの企業ロゴが印象的。
 
国内線出発保安検査場入口
20時すぎだというのに、まだまだ賑やかな空港です。
第1ターミナルA楼からB楼へ向かいます。B楼側から見たA楼。
A楼からB楼側を望む。中間エリアにはカフェがある。
 B楼2階
 
B楼は北側が国内線。南側が国際線のエリアとなっている。
B楼のチェックインカウンター
奥に国際線の出発ゲートが見える。東京・羽田と、ソウル・金浦空港を結びます。
2007年末から日中韓の国際線チャーター便が就航中。
中国東方航空の東京・羽田便の搭乗手続き中でした。
国際線の出発口。まずは搭乗券チェックを越えて、奥にセキュリティーチェックがある。
B楼南側から北側を望む。
B楼な南端に、赤ちょうちんの店が!!。
B楼2階出発フロアのマップ。
気になった赤ちょうちんの店(3階)からB楼を望む。
めっちゃ日本語で『うどん』と書いてある。日本食のメニューがメイン!!。
B楼2階から1階へ下がる。
B楼1階にも日本語のレストランが。シャロン(日系レストラン)。日中の関係性がうかがえる。
・・・中国は上海の市街地近郊にある空港の到着ロビーの景色です。
 
B楼到着ロビー。到着ゲートは出迎えの人々で混雑。
20時半を過ぎても、まだまだ到着便がたくさん。
到着ロビーはこんな感じ。
到着ロビーを外へ出ると、バス・タクシー乗り場に出る。
タクシー乗り場。
こちらはバス乗り場方面。
肯徳基。ケンタッキー!中国のケンタッキー試してみよう!
その前に、A楼の到着ロビーにも行ってみよう。
A楼到着ロビー前にはタクシー乗り場の長い列が。
A楼到着ロビー
到着ロビー出口。
北京便が到着するA楼はやっぱり混雑。
こちらの到着ロビーにも日本食屋が・・・。中国料理屋はないのか!?
タクシー乗場の混雑
 
 到着便が重なり、より一層混雑。
 
では、ケンタッキーにて夕食です。
 
店内の様子。
 
店内の様子A
 
ケンタッキーの前がちょうどタクシー乗場。
タクシー需要が多い為か同時に7台停車。
案内役の人が「あなたはあっち!あなたはこっち!」と指示をし、準備が出来次第出発していく。
人口が多い国っていろんな方法を生み出すんですねぇ。
 
2階出発フロアに再び上がってきました。
 
タクシー・乗用車降り場。B楼からA楼側を望む
 
A楼の出発フロアにも、到着を待つ車がたくさん止まってますけど・・・。
 
A楼・B楼の間には上海万博のマスコットが展示してありました。
 
A楼の出発フロア外。
 
A楼側から見るB楼。上海は初めてきたけど、何だか懐かしい光景。
 
一昔前まで良くテレビで「上海に到着〜」というシーンでは良く見た景色です。
 
さ〜ホテルに戻りますかね〜という事で、A楼へ再び入場。
 
記念にもう1枚。
 
A楼東端にホテルとの連絡通路があります。
が、空港見学はココまでじゃない!!
なぜなら、
滑走路が見える部屋を手配したから…
この続きはNEXTページで!
 
●NEXT
  ソウル・上海 空港巡りの旅O
  虹橋国際空港A 編へ
●ソウル上海旅行ページTOPへ
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP