2010年1月
シルクロードの出発点だった悠久の古都『西安(長安)』の旅
このページではHIS格安ツアー3日目午後の行程を振り返り
ます。帰路です。
 西安咸陽国際空港から上海の浦東国際空港を経由し、
中部国際空港に至る空の旅Part2。上海上空からどうぞ!
さて、まもなく上海、その前に蘇州の上空に差し掛かります。
良い具合に夕暮れになってきました!
 
窓越しの空。
空路MAP。
徐々に高度を下げだしました。
雲の中に入って行きます。
南京を過ぎ、蘇州付近
高度がだいぶ下がり、街の明かりが見えてきました。
エンジン越しの町並み
上海の衛星都市でしょうか。
エンジン。
アングル変えて、夕暮れフライト。
いよいよ上海郊外に差し掛かってきました。
空はすでにこんな感じ
上海に差し掛かってきました
機内。
もうすぐ着陸態勢か・・・?と思うのだけれど、まだまだ撮影可
窓越しの夕焼け
上海市街地。
上海・黄浦江と高層ビル群がある浦東エリアが見渡せました。右隅は上海バンドですかね。
 
主翼越しの上海中心部。良い絵いただきました。
 
上海・浦東国際空港の光が見えてまいりました。 
 
窓越しに。まだ最終の着陸態勢ではないのが不思議。
 
浦東国際空港に到着。
 
沖止めでした。隣は中国郵政航空の貨物便でした。
 
タラップ降ります。乗って来た機体。 
 
タラップ下から
 
お疲れ様でした。 
 
飛行機越しの第1ターミナル。
 
ターミナルまではバス移動
バスからの機体。さすがにクドかったか。
 
国内到着。西安ではッ出国検査していないので、国内線到着は分かりますが、なぜ、西安は
国際線ターミナル(エリア)利用だったのだろうか?と中国はまだ分からんのぉー。
 
 
こんな景色を見ながら、エスカレーターを登る 
 
到着ゲート。 
 
乗り継ぎ客は曲がります。
 
さて出国審査です。 
 
無事、出国。今度は出発ゲートへ向かいます。。
 
 出発コンコース(制限エリア内)。
 
浦東国際空港の第1ターミナルの屋根はやっぱり独特。
 
まだ夕方なんですが、意外と利用客が少ない。
 
免税店街
 
時間帯によっては大混雑なんでしょうね。
 
エプロンサイド
 
搭乗待合エリア 
 
ターミナルもだいぶ先端まで来ましたよぉ。
 
1つ階を下がって、いよいよボーディングブリッジへ。
 
最後に上階を撮影
 
奥に見えるのが、名古屋行。 
 
ボーディングブリッジ。
 
出発。そして30分後、機内食が来ました。
 
機内食@。
 
機内食@の中身
 
妹の機内食。 
 
いただきます。 
 
テレビ見ながら過ごします。
 
なんとなくエチケット袋。
 
機内誌。 
 
上海を出て2時間15分後、中部国際空港に到着。日本時間21時過ぎの到着便でした。
これにて終了!最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。

悠久の街 中国・西安の旅


中国東方航空で行く 悠久の中国・西安の旅PAGE TOPへ
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP