2012年5月
 
フジドリームエアライン(FDA)に搭乗する機会がやってきました。
静岡・名古屋(小牧)空港を拠点に全国へ展開するFDA。
地域路線再生の有望航空会社。これからも頑張っていただきたい会社の一つ。
ようやく乗ることができました。
用事で新潟へやってきました。まずはこの電車で新潟駅までやってきました。
途中の越後平野の田園風景の美しい事美しいこと。ローカル鉄道の旅も良いですねぇ。
新潟駅に気になる像発見!ハチ公ならぬ、忠犬『タマ公』の像!南口付近にあり。
新潟駅より400円。25分あまりで到着。
直通バス25分の他、幹線バスもあり、そちらに乗ると中心地に寄るのでけっこうかかる。
FDAのチェックインカウンターはJALの横。
1996年に完成した現ターミナル。利用者がここ10年減り続けている新潟空港ですが、
経由便の推奨、ANA成田便の就航など、復活の動きが見られる。
ターミナル3階にある展示・待合施設(エアラインPRルーム)。ちょっと奥にあります。
空港マスコット『米るくん(まいるくん)』が就航地を紹介。さすが新潟。米にかけてきたか。
上海は手を抜きすぎてはいないか・・・。
ターミナル模型がありました
別角度から。
ターミナル3階『シルバースカイ』という店で、新潟名物を食します!
新潟といえば!『たれカツ丼』!
たれが染みていて、おいしかったぁ〜。市内にはファーストフード感覚の店があるらしいですよ。
さ〜搭乗です。FDA374便新潟発名古屋(小牧)行
展望デッキより。FDAは同じ色の飛行機がなく、カラフルな飛行機たちが揃うのが魅力の一つ。
今日は緑色の機体でした。
FDAの飛行機はすべて同じ型の機体※若干のサイズ違い機はありますが)
エンブラエル社の170型機。
緑色のこの機材は『静岡のお茶、信州の山々』をイメージしているとの事。長野の松本市が
スポンサーについていると機内アナウンスしていました。
新潟空港の搭乗待合室。
飛行機の扉が閉まる前に写真を一枚。
ベルト着用サインが消えたので、パチリと一枚。すでに日本海上空。
ジェットエンジンで快適な上昇をしてきたら、右手に島が見えてきました。
お〜佐渡島がこんなに近くに見えるとは良い航路ですねぇ。
金がたくさん埋まっているんでしょうねぇ〜と厭らしい事を考えながら、景色が通り過ぎていきます(笑
 
機内の様子。シートにも余裕があり、風が強い日本海側の新潟に行くなら、やっぱりジェット機が良いな 
 
新興航空会社でありながらLCCではない会社だけあって、コスト意識ときめ細かな案内表はありがたい。
特に地方空港は到着後のアクセス手段が気になりますからね。目的地に着く前に確認できるのは
大変ありがたい。
 
 
日本海から本州上空へさしかかりました。立山連峰が見えてまいりました。 
 
機内サービス。ドリンクに、プチ菓子。無料。ありがたいですね。 
 
見事な立山連峰を右手に見ながら、南下していきます。 
 
まったく揺れなし。快適快適。
 
何山か忘れましたが、駒ケ岳でしょうか。まもなく到着です。 
 
名古屋(小牧)空港に到着。タラップを降りて記念撮影。 
 
駐機場を歩くと別のエンブラエル機に遭遇。 
 
小牧空港の搭乗は地上移動はフィンガーコンコースと呼ばれる地上の通路を使って乗り降りします。
いや〜久々の空の旅。快適でした。
 
 
 
FDAで行く新潟→小牧編はここまで!
ご覧いただきありがとうございました。
AIRLINE PAGE TOPへ
別に無断転写しても良いけど、責任は一切持ちませんよ。Yu−saku RED HP